「記念樹」 発見!

ども。ミロです。

心の底深くに残っていて、
ときどきふと口をついて歌詞が出て来るんだけど、
何の歌だったか思い出せない、ということがあります。

なんかのテレビドラマの主題歌だったような気はするんだが…

そんなひとつを偶然見つけちゃったんだよねえ!

これだ! これだ!
どうしてもわからなかったあの歌は、
『記念樹』ってテレビ番組の主題歌だったんだ!

『記念樹』

『記念樹』
木下忠司/作詞・作曲  小坂一也/ 歌

桜の苗が 大きく育つ頃
僕らはみんな 大人になるんだ
あいつとこいつ おまえと俺も
真赤な頬っぺを しているが

嬉しきゃ泣いて 悲しきゃ笑うんだ
仲間がみんな 見てるじゃないか
それでも淋しきゃ 大きな声で
呼んでみるんだ “母さん” と

冷たい風は 僕らをためすのさ
白い粉雪は 花びらなのさ
泣いたら駄目だぜ そこまで春が
来てるじゃないか 手をのべて

日照りの時も 冷たい雪の日も
負けたら駄目だぜ 僕らの夢は
いつでもお前と 仲良しこよし
空までぐんぐん のびてゆく

【物語】
15年前に横浜の養護施設・あかつき子供園の園児たちは、
桜の散る季節に結婚­して施設を去ることになった一人の保母池貝先生(馬渕晴子)に別れを告げます。
時は流­れて、夫の健(長谷川哲夫)を交通事故で失くした池貝先生は、
15年ぶりにあかつき子­供園で働きます。
教え子たちは再会した池貝先生に様々な問題を投げかけてきます。
池貝­先生の家に結婚祝いで植えた一本の桜の木で堅く結ばれた
養護施設の保母・池貝先生と子­供たちの15年の絆を描いた心温まるテレビドラマです。

しかし、こんな映像が良く残ってたよなあ。
それにとてもきれいだし。

ストーリーなんか全然忘れてるんだけど、
この8分ほどのドラマを見ただけで、
なんとなくそれぞれの登場人物の関係が伝わって来て、
胸にジーンと来るものがありました。

昭和41年か。
なかなかヒューマンなドラマがあったんだな。
私はまだ小学生で『ウルトラマン』に夢中だった頃だ。

「木下恵介アワー」というのはよく見た記憶があるから、
知らず知らずのうちに見てたんだろうな。

作詞・作曲の木下忠司という人も、
よくは知らないけれどなぜか印象に残っている歌がある人だ。

こんなレコードも私は持っている。

『三人家族』主題歌「二人だけ」 あおい輝彦 昭和43年(1968)

木下忠司/作詞・作曲

昭和41年(1966年)。
『記念樹』に出演している渥美清が主演の『泣いてたまるか』が始まった年でもあるな。
このテレビドラマの主題歌も好きだったなあ!

『泣いてたまるか』は『男はつらいよ』以前の渥美清の代表作だ。

『泣いてたまるか』 渥美 清 昭和41年(1966) 

良池まもる/作詞 木下忠司/作曲

『記念樹』にもどると、
出演陣も今から見ると多彩ですね!

冒頭に出て来る青年は、今は『宇宙戦艦ヤマト』の歌手として知られる佐々木功です。

春川ますみは当時はテレビ出演も多かったけれど、
寺山修司の映画『田園に死す』にも、
サーカス団の「空気女」役で出てたのが印象に残っています。

『上海バンスキング』の吉田日出子もチラッと顔を出してます。

山口崇も出てますね。
彼はこの5年後に、NHK『天下御免』で大ブレークします。

原作・制作・脚本の木下恵介は、ヒューマンな映画をたくさん撮っているので有名です。
代表作は『喜びも悲しみも幾歳月』ですね。

この番組の1年後に封切られた『なつかしき笛や太鼓』って彼の作品が、
今も私は大好きです!

『青春とはなんだ』(1965年)の夏木陽介が主演で、
離島に赴任して来た青年教師を演じていて、泣ける映画のひとつです。

この時代のことを語り始めると、止まらなくなっちゃう!

古い映像を見るのは、いろんな楽しみがありますね。