『ナショナルキッド』全39話、東映特撮YouTube Officialで無料配信開始!

『ナショナルキッド』(1960,NET)全話が無料! そいつぁゴーキだね!

1980年代のある時期、なかなかお目にかかることのできない初期特撮テレビ映画やレアな特撮映画の数々が、一気にビデオ化されて売り出されたことがあった。

『スーパージャイアンツ』
『まぼろしの怪獣アゴン』
『マリンコング』
『月光仮面』
『少年ジェット』
『海底人8823』
『七色仮面』等々。

『ナショナルキッド インカ族の来襲』もそんな中の一本だった。「第一部 インカ族の来襲」全13話を160分にまとめた総集編である。値段は19800円!

このビデオを、なぜか私は持っているのだが、こんな高いもん、ビンボーな私が買えるわけはないので、たぶん、レンタルビデオの処分品を安く手に入れたのではなかったかと思う。

この『ナショナルキッド』全4部39話が、東映特撮YouTube Officialで、8月15日から無料配信が開始された!
タダで見られるというのはスゴイ! 
しかも全4部すべてがだ!

第一部「インカ族の来襲」全13回
第二部「海底魔王ネルコン」全9回
第三部「地底魔城」全8回
第四部「謎の宇宙少年」全9回

現在、第一部「インカ族の来襲」の第1話「謎の円盤来襲」と第2話「ダブルZの恐怖」が配信中だ。

これ以降は毎週月曜日22時から、2話ずつ更新される予定!

若き日の太地喜和子(志村妙子) 、少女時代の本間千代子の姿が見られる。

当時は、後に有名になる俳優さんが子供番組に出演していることがよくあった。
吉永小百合は、『赤胴鈴之助』(1957,KRT[現TBSテレビ])でテレビデビュー、次回作『まぼろし探偵』(1959)にも引き続き出演していた。
和泉雅子も子役時代『少年ジェット』(1959,フジテレビ)に出演していた。

また、特撮美術を担当したのが成田なりたとおる(成田享)であり、彼がのちにウルトラマンやウルトラ怪獣のデザインの数々を手がけたことを思えば、その原点の一つとして『ナショナルキッド』は見逃せないだろう。

ナショナルキッド(中央)、旗竜作博士の助手・小畑尚子(太地喜和子)&少年探偵グループの面々

『ナショナルキッド』(公式) 第1話 「謎の円盤来襲」

わが少年時代の謎『ナショナルキッド』

空飛ぶ円盤の原型「アダムスキー型円盤」登場!

私の少年時代には「謎」だったものがいくつかある。

その一つが『ナショナルキッド』だった。

メンコに不思議な写真やイラストが印刷されていて、そこに「ナショナルキッド」と書いてあったのだ。
でもわたしには何のことか分からなかった。

やがて中学高学年になると、ラジオの深夜放送がブームになり、ナツマンが流行しだして、『赤胴鈴之助』や『月光仮面は誰でしょう』とともに、『ナショナルキッドの歌』を知ることになった。

私は見たことがなかったが、そういうテレビ映画があったのだ。

「懐メロ」が「懐かしのメロディ」の略称であるように、「懐マン」とは「懐かしのマンガ」ないし「懐かしのマンガ主題歌」のことを指す。

同様に謎だったものに、『ジャワの東』や『ピロンの秘密』というのがあった。これもメンコでしか見たことがなかった。
前者はアメリカ映画のタイトルであり、後者は手塚治虫の漫画が原作のSF実写ドラマなのだが、謎が判明したのはかなり後のことになる。

ガキの頃、メンコの腕はけっこういい方だったので、当時の戦利品が今も残っている。

「何だ、これは!」『ナショナルキッド』の謎にとりつかれた少年時代。

「メンコ」という標準語もだいぶ後になって知った。当時地元では「パッチ」とか「パッツ」とか「パッタンコ」などと呼んでいた。「バッタ」という地域もあった。遠征して勝負して回ったものである。

それから、国民小僧ナショナルキッドの全貌が、次第に明らかになって行った。

マンガ版『ナショナルキッド』一峰大二

テレビ放送と時を同じくして、『ナショナルキッド』は漫画でも連載されていた。

月刊漫画誌『ぼくら』で、漫画家は一峰かずみね大二だいじ

一峰大二は『白馬童子』『七色仮面』など、テレビ映画のコミカライズを数多く手がけてきたマンガ家だ。
『スペクトルマン』や『ウルトラセブン』なども描いていた。
『電人アロー』や『ミサイルマン・マミー』などのヒットSFマンガも描いている。

復刻版『ナショナルキッド』付録本

今も残してあるのは上にあげたこれだけで、COMIC PET版とか漫画名作館版も持っていたが、ずっと昔にヤフオク!行きになってしまった。

テレビで見た覚えも、マンガ連載を読んだ覚えもないのだから、「懐かしさ」は感じたことがなかった。ただ、昭和30年代の人気SFマンガがどんなものだったのか、ほとんど「考古学的興味」から求めたものである。

COMIC PET版『ナショナルキッド』

テレビ映画にしろマンガにしろ、現在から見ればいくらでも突っ込もうとすれば突っ込みどころは満載である。

ただ、何が人気を博した理由なのかを考えると、「空を飛ぶ快感」のようなものが、両者から共通して感じられるように思う。

特にテレビでは、タイトルバックの映像を見るだけでも、銀座にあったナショナルの広告塔から始まって、銀河、東京タワーや当時の東京のビル群を背景に、合成を中心にした当時の特撮技術を駆使して、ナショナルキッドが悠々と飛翔する姿を映し出しており、テンポが早く歯切れのいい主題歌と相まって、素晴らしい効果を作り出していると思う。

そして「インカ金星人」「海底王国」「地底魔城」「宇宙少年」など、昭和の少年の心を未知の世界へ連れ出してくれる仕掛けが張り巡らされている!

マンガ版は、第一部から第四部まで、テレビと同じ原作で描かれているが、注目すべきは、テレビ版にはない第五部「昆虫戦士の巻」、第六部「ターザン博士の巻」があることだ。

じつは、昆虫戦士やゼミア地底戦虫がけっこう好きである。テレビで見たかったなあと思う。

『ナショナルキッドの歌』フル・バージョン(松下電器宣材版)

『ナショナルキッドの歌』
作詞/大貫正義 作曲/佐野雅美 歌/ビクター児童合唱団

雲か 嵐か 稲妻か
平和を愛する 人のため
諸手もろてを高くさしのべて
宇宙に羽ばたく 快男児 おゝ
その名はキッド ヘイ
ナショナルキッド
僕等のキッド キッド
ナショナルキッド

人か 天馬か 龍神か
四海を乱す者あらば
怒涛どとう逆巻く 荒波を
けだてて進む 快男児 おゝ
その名はキッド ヘイ
ナショナルキッド
僕らのキッド キッド
ナショナルキッド

愛か 誠か 情熱か
正義にはむかう者どもを
撃つぞ地底の果てまでも
鋼鉄はがねの様な 快男児 おゝ
その名はキッド ヘイ
ナショナルキッド
僕らのキッド キッド
ナショナルキッド

コメント

タイトルとURLをコピーしました